骨盤

●骨盤矯正の必要性
骨盤は、身体のほぼ中心に位置しています、骨盤は上半身の土台と言っても過言ではありません。歪みやネジレが起きてしまうと背骨の湾曲の原因にもなり、頭痛・肩こり・腰痛・下肢しびれ等を引き起こしたりと、全身に支障があらわれたりすることもあります。特に女性の方は、生理不順・肌荒れ・むくみ等、さまざまな不調の原因にもなります。骨盤が歪むと臓器が下がるため、ポッコリお腹になったりする要因にも。

●産後骨盤矯正の必要性
赤ちゃんがお腹の中にいる時は、赤ちゃんの成長と共に少しずつ骨盤が開いて行きます。妊娠と子供の成長につれて骨盤が少しずつ緩み広がって行きますが、出産後自動的に元通りにはなりません。ゆえに、骨盤矯正を行い修正しておく必要があります。そのままの状態でいると内蔵が骨盤の広がった部分に下りてくる事になり、広がったままの状態で固定してしまいます。内臓が下がる以外にも骨盤に脂肪がつきやすくなり、下半身太りの原因にも。

●産後の骨盤矯正をしなかった場合
骨盤が広がったままの状態であっても、左右均等で広がっている場合には、ある意味で体のバランスは取れています。しかし均等ではない場合、体全体のバランスが崩れ歪みの原因になってしまうことも。ひどい生理痛・血液やリンパの循環が悪くなる・新陳代謝が悪くなる・下半身のむくみが起きやすい・なかなか痩せることができない要因にも。出産後に崩れた骨盤の状態を整え、健康を維持するためにも、産後の骨盤矯正を行なうことはとても大切なんです。

●産後骨盤矯正のお母さん
完全予約制のため赤ちゃん連れでも問題なし
ガンガン泣いても構いません、ただし何もできませんことをご了承下さいね

※産後骨盤矯正におきましては、出産後1ヶ月を経過していないとお受けできません

ホームに戻る