美容的観点から考えると

世間的には「骨盤が開く」とか「骨盤矯正をしよう」と言われて浸透しておりますが、当院と致しましては骨盤が開くと言う表現にはちょっと疑問を持っております。出産や特別なケースを除き、骨盤自体が簡単に開くものではないとの考えです。「骨盤が前後左右等に歪む感覚、お尻が大きいなどの感覚が骨盤が開く」と変化し表現されているものと思われます。では何故、骨盤が歪んでしまうのか?それは脚や股関節が歪むことにより骨盤が正しい位置にいない、片寄った筋肉の緊張により骨盤が引っぱられる、足の長さが左右で違う等からなんですね。

股関節が開きっぱなしになっていることで起こる弊害はたくさ んあり(例 股関節の出っ張り・下腹部ポッコリ・O脚・猫背)、女性に多いカラダの不調や症状(例 むくみ・生理痛・便秘・ 尿漏れ・肩こり・腰痛)も股関節が開いていることから生じる場合が多いんですよ。

股関節と骨盤の歪みを整えれば、脂肪を燃焼しやすい身体に導くことも可能となります。下腿が捻れていると側面まで見えてしまいますから、下半身が太く見えてしまいます。股関節と骨盤を正しい位置に戻してあげれば、細く見えますし、代謝もよ くなり脂肪を燃焼しやすくなり美脚効果も上がります。股関節と骨盤の歪みを整えるとウエストダウン・ヒップアップなど様々な効果も上がり美しいプロポー ションに。股関節を中にしまい、仙骨を正しい位置に戻し、骨盤が正しい位置に戻れば、腹筋がしっかり機能し、内臓がアップし、下腹のポッコリが改善されます。

そして、開いている方の90%が右側(利き足側)となります。股関節が開くと足先 まで開くことになりますが、足先を開いて歩く方はほとんどいません。それは、強制的に内側へ向けて(足全体を捻って調整)歩いているからなんです。結果と して股関節周りに筋力がつき、余計にポッコリと出っ張った股関節になり、O脚傾向になります。

ホームに戻る