椎間板ヘルニア

●椎間板ヘルニアの特徴
腰から足先にかけてしびれや痛み、筋力の低下など。せきやくしゃみでも激痛がおこる。
脊髄神経『神経根』を圧迫するため、ひどい場合は排尿ができなくなる場合もある。
腰を曲げないと痛みでたっていられないほどの腰痛と下肢の痛みがある。
前傾姿勢・イスに腰掛けるのは辛く、横になっているのが楽というのが一般的な症状。
脊柱のクッションの役割を果している椎間板は、年齢とともに(20歳を過ぎ)次第に衰えてくる為、働き盛りの20歳~30歳代の軽作業(事務、運転、セールス、看護、家事など)の人に多く見られます。
髄核(椎間板の中心部にある)が弾力性を失い、繊維輪に亀裂が生じ髄核が繊維輪を破って飛び出し神経を圧迫した結果起こるものです。

●腰痛の特徴
姿勢の悪さ・激しい運動や労働・老化によるもの・内蔵の病気・精神的ストレスなどが原因
背骨に原因があって起こる腰痛・内蔵の病気が原因で起こる腰痛に大別
背骨が原因で起こる腰痛の場合は、脊柱及び支える筋肉の異常が大きな原因

●背骨に原因がある腰痛
椎間板ヘルニア
腰部脊柱管狭窄症
変形性脊椎症
骨粗鬆症

●腰痛検査一部ご紹介 
検査をすることにより、腰痛(慢性腰痛・ぎっくり腰・坐骨神経痛・下肢痛など)の原因が見えてきます。検査は痛みの原因を探す上で、とても大事なんですよ

(左写真)壁に踵・お尻・肩甲骨・後頭部が付くように立ち、姿勢のチェック
反り腰・頭部の位置、猫背のチェックも同時に行います
(右写真)立ち姿勢による骨盤の左右の高さ違い・開き具合・歪み、股関節の状態をチェック

ホームに戻る