坐骨神経痛

●坐骨神経痛の特徴1
坐骨神経痛は『進行性の神経痛』です
症状は臀部・太腿・膝・足先へと徐々に下へと広がっていきます
坐骨神経痛には『知覚・運動・自律』の各神経が走っています
それらをまとめて圧迫
痛み、痺れは『知覚』部分の圧迫
『運動』神経の圧迫によって、徐々に運動障害が起こります
足の筋肉に脳からの命令がしっかり伝わらない
運動機能の障害が続くと、筋肉の衰えへと繋がっていく

●坐骨神経痛の特徴2
腰椎4番・5番の神経を圧迫する
人体の中でも最も大きい神経である
お尻・もも・脳裏・足の甲への放散痛があることも特徴
多くは腰椎椎間板ヘルニアが原因と言われている

●腰痛の特徴
姿勢の悪さ・激しい運動や労働・老化によるもの・内蔵の病気・精神的ストレスなどが原因
背骨に原因があって起こる腰痛・内蔵の病気が原因で起こる腰痛に大別
背骨が原因で起こる腰痛の場合は、脊柱及び支える筋肉の異常が大きな原因

●背骨に原因がある腰痛
椎間板ヘルニア
腰部脊柱管狭窄症
変形性脊椎症
骨粗鬆症

●Check 腰痛には深筋層アプローチが重要
腰の痛みに関わる筋肉「腹部・臀部などのインナーマッスル」(筋肉矯正)を刺激することにより痛みが改善されます。

●Check 腰痛には足へのアプローチがキー
「足(股関節・膝・足首)の捻れと下肢長短」などの環境を整えることにより痛みが改善されます。

●Check 仙骨(骨盤)へのアプローチは欠かせません
仙骨を正しい位置に微調整することにより、背骨(腰椎)が立ちやすい環境を作り腰痛を改善します。

腰痛を訴えている多くの方は腰が原因と思われているかもしれません、どうしても腰にだけ目がいってしまうものですが、ほとんど(80%)のケースでは腰が直接的な原因ではありません、影響を受けているだけです。腰への直接的アプローチを否定する訳ではありませんが、効果が薄かったり逆効果になる可能性もあります。

ホームに戻る