ぎっくり腰

●ギックリ腰の特徴
ぎっくり腰は『突然』やってくることが殆どです
突然遅い掛かってくるがゆえに『魔女の悪戯』という表現も
積み重ねの結果として『ぎっくり腰』という症状が出る、という表現が適切
ぎっくり腰は常日頃の腰への負担に悲鳴を上げた腰の訴えです
原因として姿勢が歪む事により『骨盤・背骨』が固定化し、腰の負荷がアンバランスに
一部の筋肉には恒常的に負荷が、他の筋肉は逆に負荷がなく、運動不足に
不自然な状況の連続が、負荷がかかり続ける筋肉に疲労を蓄積させる
限界を超えて『ぎっくり腰』に!!慢性化する場合も

●ぎっくり腰になってしまったら
最初にすることは安静第一、そして水や氷で患部を冷やすことです。
少しでも楽な姿勢で2~3日過ごすことをお勧め致します。
☆ギックリ腰を訴えている多くの方は腰が原因と思われているかもしれません、どうしても腰にだけ目がいってしまうものですが、ほとんど(80%)のケースでは腰が直接的な原因ではありません、影響を受けてしまった状態です。腰への直接的アプローチを否定する訳ではありませんが、効果が薄かったり逆効果になる可能性もありますので、むやみに強く押したり揉んだりは注意が必要となります。ただでさえ激痛を伴うギックリ腰なのに、腰への直接的アプローチは想像を絶するものがありますよね。

ホームに戻る