「自分の骨盤タイプ」を知ろう

○骨盤が前に傾いているタイプ
腰椎が大きく前に出るため、反り腰になりやすい
股関節の位置が後ろに下がるため、内股になりやすい
お腹が前に出るためポッコリになりやすい
腰痛になりやすい
猫背になりやすい
腹筋が使われにくい

○骨盤が後ろに傾いているタイプ
腰椎のカーブが薄いため、肩甲骨の動きが制限され肩コリになりやすい
猫背になりやすい
内臓が圧迫されるため、胃腸に違和感を感じやすい
血液循環が悪くなりやいため、冷え・むくみ・慢性疲労を感じることも
頚椎のS字カーブが浅くなるため、ストレートネックになりやすい
背中が後方に出るため、頭部・あご先が前に出やすい
腹部が圧迫されるため、ウエストが太くなりやすい
股関節の稼動域が制限されるため、股関節痛・膝痛の原因にもなりやすい

○骨盤が左右に傾いているタイプ
左右のバランスが崩れると片側の負担が増え、筋肉が緊張し歪みます
筋肉の歪みと緊張は、やがて骨格を歪ませます
骨盤が左右に歪めば、背骨も左右に歪みます
足の長さが変わってきます
部分的な負担が増え、コリ・痛みを感じることも
仰向けで寝ると、つま先に開きが違うことも
肩・腰の高さが違う、目・口など顔の歪みの原因にも
生理痛の原因にも

●その他
全身の歪みを感じている、足の長さが違う、股関節が大きく出っ張っている
腰痛を感じる、腰部の筋肉の緊張が強いと感じる、姿勢が悪い
下半身の骨折経験がある 大きな捻挫の経験がある 膝が悪い
などなど、骨盤に影響している要因が多いと感じる方にお勧め致します

ホームに戻る